夢十夜・für Wolfi

夢十夜・für Wolfi

新作の「モノオペラ」の初演が決まりました:

ソプラノの小暮沙優さんからの委嘱で、夏目漱石の連作短編『夢十夜』の「第一夜」を、ご自身で台本にまとめられたものに作曲したものです。

今回のオーダーとして、「伴奏まで含めて一人で演奏可能なもの」というものだったため、ほんとうの意味での「モノ・オペラ」になりました。5オクターヴの電子キーボードと、鈴があれば、どこにでも持ち運んで演奏できます(もちろん、伴奏者が別にいて、普通のピアノで伴奏しても構わない)。

会場のカフェでは、こまごめビールというマイクロブルワリーをタップから楽しむこともできるそうで、そちらも楽しみになるでしょう。是非お誘い合わせの上おいで下さい。

***

もう一つ、先日岩国市で初演された、モーツァルト・プログラムに添える二重唱、公開していただけることになりましたので、こちらもどうぞお楽しみください: