レパートリーリスト(オペラ)

私がオペラと関わり始めた頃には、すでに原語での上演が一般的になっていましたが、学生時代より多数の言語を習得し、イタリア語、ドイツ語、フランス語、英語、ロシア語、チェコ語の6つの原語では、対訳ではなく逐語での理解と正確な発音の指導を習得。歌詞と旋律とが一体となった音楽作りを心がけています。

以下は、過去に公演に携わった作品の一覧です(副指揮・プロンプター等で関わった作品を含みます)

アルバン・ベルク A. Berg

ヴォツェック

ブリテン Britten

ピーター・グライムズ

ドニゼッティ Donizetti

ルチア

ドン・パスクワーレ

ドヴォルジャーク Dvořák

ルサルカ

ダ・ガリャーノ Da Gagliano

ダフネ

ジョルダーノ Giordano

アンドレア・シェニエ

グルック Gluck

オルフェオとエウリディーチェ

ヘンデル Handel

ジュリアス・シーザー

フンパーディンク Humperdinck

ヘンゼルとグレーテル

ヤナーチェク Janáček

イェヌーファ

コルンゴルト Korngold

死の都

レオンカヴァッロ Leoncavallo

道化師

マスカーニ Mascagni

カヴァレリア・ルスティカーナ

メノッティ Menotti

霊媒

モンテヴェルディ Monteverdi

ポッペアの戴冠

モーツァルト Mozart

偽の女庭師

イドメネオ

フィガロの結婚

ドン・ジョヴァンニ

コジ・ファン・トゥッテ

魔笛

ニコライ Nicolai

ウィンザーの陽気な女房たち

オッフェンバック Offenbach

ホフマン物語

プーランク Poulenc

カルメル会修道女の対話

プッチーニ Puccini

ラ・ボエーム

トスカ

蝶々夫人

トゥーランドット

アンドレ・プレヴィン A. Previn

欲望という名の電車

パーセル Purcell

妖精の女王

ダイドーとエネアス

ラモー Rameau

プラテ

優雅なインドの人々

ラヴェル Ravel

子供と魔法

ロッシーニ Rossini

セビリアの理髪師

ショスタコーヴィチ Schostakowitsch

ムツェンスク郡のマクベス夫人

ヨハン・シュトラウス J. Strauss

こうもり

リヒャルト・シュトラウス R. Strauss

サロメ

薔薇の騎士

影のない女

インテルメッツォ

エジプトのヘレナ

アラベラ

ヴェルディ Verdi

ナブッコ

第一回十字軍のロンバルディア人

リゴレット

イル・トロヴァトーレ

椿姫

シチリア島の夕べの祈り

運命の力

ドン・カルロ

アイーダ

オテロ

ファルスタッフ

ヴァーグナー Wagner

さまよえるオランダ人

タンホイザー

ローエングリン

ラインの黄金

パルジファル

池辺晋一郎

鹿鳴館

一柳慧

香月修

夜叉ヶ池

田中均

虎月傅

松村禎三

沈黙

山田耕筰

黒船

(2015年10月現在)

※オーケストラ作品のレパートリーリストはこちらから。