日生レクチャー

日生レクチャー

昨年、兵庫県立芸術文化センターで、《フィガロの結婚》を例に取りレチタティーヴォ・セッコについての演奏付きレクチャーを行いました。本年は、日生劇場でNISSAY OPERA 2018《コジ・ファン・トゥッテ》のプレ・イベントとして、同様のレクチャーを東京で行います。

バリトンの加耒徹さんはバッハ・コレギウム・ジャパンのソリストでもあります。モーツァルト以前の音楽も比較のために取り上げつつ、セッコ・レチタティーヴォの奥の深さについて掘り下げていきたいと思います。入場無料(要事前申込)ですので、多くの方のお出でをお待ちしております。