《こうもり》

《こうもり》

2年ぶりに、小澤征爾音楽塾でのオペラ・プロジェクトが帰ってきます。

今回も、合唱指揮者として、若い歌手の皆さんと共に学んでいます。

***

Flieht auch manche Illusion,
Die dir einst dein Herz erfreut,
Gibt der Wein dir Tröstung schon
Durch Vergessenheit.

Glücklich ist, wer vergisst,
Was doch nicht zu ändern ist!

かつて君の心を喜びで充たした
幻影が飛び去ってしまっても
ワインが君に慰めを与えてくれる
忘却を通じて。

変えることの出来ない事柄を
忘れられる者は幸いかな!

(1幕フィナーレ アルフレードの「酒の歌」より)

***

オペレッタの筋は表面的には楽しいドタバタ喜劇です。
その後ろには、作品が生まれた頃の世界史的な状況に基づくサブコンテクストがあり、
それを知る者にとっては、全く別の姿に映ってきます。

この歌を今聴くのは、辛いことです。